2008年07月24日

映画「降りてゆく生き方」撮影現場フォトレポート〜 in 広葉樹の森(十日町)

24日目の撮影は、あちこちと移動しながら主に4カ所で行いました。
まずは、24日目の撮影パート1です。早朝より道なきケモノ道をかきわけ、森の中へと入りました。それでは、みなさんもブログを通して、ご一緒に!


立派な木があちこちにあり、スタッフがとても小さいですね。
土の保湿性もよく、足下に豊富な草が生えていました。また、特に感心したのは、やはり「明るい」ということです。森の中でありながら、外からの光がとても遠くまで届いていました。


ここでの撮影は、オーディションで選ばれたエキストラの方々に加え、以前もご紹介した、こぐま隊武田鉄矢さん、大谷允保さん、苅谷俊介さんが出演されました。

それでは、森の中での撮影現場をお伝えします。

まずは撮影前に、いつもの通り監督とカメラマンが中心になり、現場で打合せです。その他のメインスタッフは・・・草木に隠れてしまっていますね(苦笑)

すると、突然、雨が降ってきました。

森の中は、とても明るいのですが、断続的に雨が強くなってきました。ブナは小雨程度なら全く問題ないのですが、さすがに強い雨ですと葉が押さえきれません。

そこで・・・

まずはスタッフがいつもの折りたたみ式テントを組み立てます。しかし、出演者も多く、子供もいるのでテントの数が足りません。それなら・・・


木を利用して、ブルーシートで手作りテントを組上げるスタッフ。
ほとんど、サバイバル撮影になっていますね(笑)

そんな感じで時間を過ごしていると、雨も止み、撮影スタートです。

・・・というか、草木が豊富にありすぎて、何しているかわかりませんよね(苦笑)
森の中を歩く、というシーンです。別の角度から見てみましょう。


こんな感じです。


こちらは、倉貫監督(写真右)がモニターチェック中。
しかし、スタッフはよくみると凄い場所に座っていますね。

さて、いくつかの場所へ移動して、あれこれと撮影しましたが、次は少し広めの場所での撮影です。

中央に仁王立ちされているのが、苅谷俊介さんです。エキストラのみなさんと一緒に、大谷さんや武田さんもいます。本番前で少し緊張気味でしょうか。

というのも・・・

やっぱりスタッフが沢山いるからでしょうか。
ここでは、大自然の中で苅谷俊介さんのこだわりの雄叫び(?)などが撮影されました。是非、本編でも、新潟の美しい自然の景色にも注目してください。

この後、スタッフは再びケモノ道をかきわけて(あまりの急斜面で転んでいる人もいました)、次の撮影現場へ向かいます。


[ご注意]ブログ更新日と撮影日は、必ずしも一致しておりませんので、ご了承ください。

●この撮影現場フォトレポートはダイジェスト版ですので、公式サイトが立ち上がったら、もっと詳しいレポートをお届けいたします。ご期待ください。

コメント

mbt kabisa men's shoes black 映画「降りてゆく生き方」撮影現場フォトレポート〜 in 広葉樹の森(十日町)へのコメント投稿 : 映画「降りてゆく生き方」公式ブログ mobile ver. mbt shoes alternatives philippines http://www.websitetotaal.com/mbt-shoes-alternatives-philippines-mbt-shoes-atlanta-store-locator.html
hermes stores in the usa 映画「降りてゆく生き方」撮影現場フォトレポート〜 in 広葉樹の森(十日町)へのコメント投稿 : 映画「降りてゆく生き方」公式ブログ mobile ver. handbags online store http://www.janwillemnijsen.com/hermesonline/black-hermes-birkin-bag-handbags-online-store.html

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)