« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月30日

[速報]第1弾「みんなでつくる!映画イベント」in 大阪




全国の「降りてゆく生き方」ファンのみなさま!お待たせいたしました!
夏の特別イベントのお知らせです。


この度、映画「降りてゆく生き方」が関西初上陸(大阪初上映イベント)するにあたり、全国より協力者を大募集いたします。
いままでメールや会場アンケートで特に要望の多かった「主催したいけど1人じゃ出来ない」「上映イベントに参加してみたい」「ひとりでも多くのひとに伝えたい」「なにもできないけど、なにか協力したい」、そんな想いを「全国のみんなで」実現させてみようと企画しました。

題して、『みんなでつくる!映画イベント in 大阪』です。

これまで様々な会場で上映イベントを開催してきましたが、
その裏側ではボランティアメンバーの方々が大活躍しています。

遠方より上映会場へ駆けつけてくれる方、チケットや来場者の方々の対応やサポートをしてくれる方、とにかく会場を走り回ってくれる方、事前の申込み用紙を作成してくれる方、あちこちのイベントへ出向いて告知してくれる方、ブログ/SNS/メールなどネットで告知してくれる方、チラシを近隣エリアに配布してくれる方、友人や知人へ想いを込めてチケットを手渡してくれる方、など。参加/協力して頂いている人以上に、数えきれないほどの感動的なドラマや新しい出会いが生まれています。

全ての上映イベントの会場では、スタッフは自然と仲良くなり、笑顔で楽しんでいます!
得意分野はみんなそれぞれ違います。
自分で何ができるのか、参加して、協力してはじめて気がつく人もいるようです。教え、教えられ、気づき、学び、楽しい!
毎回、参加が楽しみの方もいるようで、何度も会場へ足を運ぶ人も珍しくありません。


そんなワクワクとドキドキの上映イベントを、
全国のみんなで体感/実現することが出来たら、楽しいと思いませんか?


もちろん、あなたの得意分野を生かしてください。どうやったら「大阪上映イベント」に沢山のひとが集まるか?どうやったら、伝えられるか?誰に?どんな言葉で?あなたのアイディア次第で、どんどん広がっていくはずです。

●映画上映やイベントなどの経験がない方も大歓迎!
●なにをしていいのか、どうすればいいのかわからない方も大丈夫!
●当日の会場へいけない方もOK!

●面白そう!チャレンジしたい!この映画を広げたい!仲間をつくりたい!など、
夏の想い出に、いますぐ参加してみよーー!


『みんなでつくる!映画イベント in 大阪』

[参加方法]
以下のアドレス宛に必要事項を記載してメールをお送りください。
追って、スタッフよりご連絡いたします。携帯メールもOKです。

[必要事項]
氏名年齢住所電話番号
当日の大阪会場へスタッフとして(いける・いけない)
・アイディアや得意分野などあれば記載ください

[参加メールアドレス宛先]
staff-osk@nippon-p.org

*大阪上映イベントの詳しい情報はコチラ


★大阪上映イベントのチラシダウンロード:
A4チラシPDF(片面版)
A4チラシPDF(両面版)
*お使いのプリンターをご確認ください。

★大阪上映イベントを「友人に教える」
以下のアドレスをメール/ブログ/SNSなどへ貼付けてご利用しください。
===============================
★武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」〜鑑賞者1万人突破!〜
大阪上映イベント(関西初上陸)
http://www.nippon-p.org/blog/2009/07/post_62.html
===============================


2009年07月28日

メディア情報を追加

公式サイトの[メディア実績]を更新しました。

●環境とCSRと志のビジネス情報誌
「オルタナ」掲載の記事(田口ランディさん)

●ネットニュース記事/2つ追加
・セカンドステージ/日経BP(特別インタビュー/全4P)
・MSN/産経(全2P)


2009年07月23日

「関西初」上映イベント のお知らせ (入場券 〜購入案内)

関西エリアのみなさま、大変お待たせいたしました!
映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢、監督:倉貫健二郎)の、
大阪(大阪市)初上映が決定しました!

[追記]お問い合わせ殺到により!
大阪上映イベント〜「前売券」申込み締め切り、再延長決定!→8/28(金)


映画「降りてゆく生き方」大阪上映&スペシャルイベント
(降りてゆく生き方 夏祭り in OSAKA)


上映日時:2009年8月29日3回上映

  • 午前の部--11:00開演(10:30開場)
  • 午後の部--14:30開演(14:00開場)
  • 夜の部----18:00開演(17:30開場)
●俳優舞台挨拶苅谷俊介(俳優)、大谷允保(女優)、寺田啓佐(寺田本家)ほか
*予定は変更になる場合があります。

会場:ドーンセンター /7階ホール
(大阪府立男女共同参画・青少年センター)


〒540-0008 大阪市中央区大手前1-3-49

アクセス:
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

●電車でお越しの方へ:
・京阪「天満橋」駅下車。東口方面の改札から地下通路を通って1番出口より東へ約350m。
・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。
・JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。


●車でお越しの方へ:
・阪神高速道路大阪線「法円坂」出口を出てすぐの交差点を左折。上町筋を北へ約5分。
(駐車場には限りがありますので、なるべく公共機関をお使いください)

上映イベント入場券:
前売:大人1500円高校生以下1000円
(夏休み特別価格)
当日:大人2000円高校生以下1500円(夏休み特別価格)

全席自由席
指定時間帯以外の鑑賞はできませんので、ご注意ください。
入場券購入の際には、上映時間帯をご指定いただいてのご購入となります。


どんな方もご鑑賞いただけます:
・お体のご不自由な方も大丈夫です(お問合せ先へ、事前にお伝えください)
・小さなお子様連れでのご鑑賞も大丈夫です

大阪初上映のため、申込みが殺到する場合がありますが、座席数に限りがあります。
また、上映希望が殺到しているため、特定の地域での連続上映は難しくなってきています。

この機会をお見逃しなく、お申し込みはお早めに!



大阪上映イベント入場券 購入申込み方法:

(1)以下の申込みフォームを利用して「電子メール」でお申し込みください


>>申込みフォーム&指定口座案内(コチラをクリックしてください)

必要項目が全て記載されていれば、携帯メールからのお申し込みも可能です
携帯メールからのお申し込みは「osk-829@nippon-p.org」宛に

・氏名(代表者フルネーム)
・住所
・鑑賞希望時間帯(午前-午後-夜 いずれか)
・申込人数(大人/高校生以下=合計枚数)、
・合計金額

を記載してお申し込みください。


(2)お申し込み後、
直ちに、指定口座へ代金総額をご入金してください
払込手数料はお客様負担となります。

(3)
チケットは郵送しません。上映会場受付でのお渡しとなります。
上記は特に重要です

(3)チケット代金の振込みの控えを、上映当日、受付にてご提示下さい。入金を確認できましたら、チケットをお渡しします。
上記は特に重要です

注意事項をよくお読み頂き、記述間違えのないようお願いいたします。

申込み&ご入金締め切り:8月28日(金)

重要
・必ず、メール申込み」と「指定口座への入金」を28日(金)までに完了してください。
チケット代金振込みの控えをご持参いただけな場合は、前売券をお渡しできません。必ず振込控えを忘れずにご持参いただくようお願いします。

座席数には限りがあります。お申し込みはお早めに。


チケット代金払込口座:

口座番号:10160-71597071(郵便局)
口座名義:シャ)ニッポンプロデュース


ご注意:お支払いは「郵便払込」となります。
払込手数料はお客様負担となります。

電子メールでお申し込み後、指定口座へ代金総額を払込ください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

注意事項(重要ですので必ずお読みください):
お申し込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)は同じでお願いします。
指定時間帯以外の鑑賞はできませんので、ご注意ください。
イベント入場券購入の際には、上映時間帯をご指定いただいてのご購入となります。
電子メールでお申し込み後、直ちに、指定口座へ代金総額を払込ください。
※[重要]チケットは郵送しません。チケットは、上映会場受付でのお渡しとなります。
※[重要]
チケット代金の振込みの控えを、上映当日、受付にてご提示下さい。入金を確認できましたら、チケットをお渡しします。

※[重要]チケット代金振込みの控えをご持参いただけな場合は、前売券をお渡しできません。必ず振込控えを忘れずにご持参いただくようお願いします。



お問合せ:
E-mail > osk-829@nippon-p.org
電 話 >090−9374−6594
電話でのチケットお申し込みはできませんので、ご了承願います。

主催:『降りてゆく生き方』関西地区上映委員会/(社)にっぽんプロデュース
後援:「オルタナ」(環境とCSRと志のビジネス情報誌)/大阪西区倫理法人会

★大阪上映イベントのチラシダウンロード:
A4チラシPDF(片面版)
A4チラシPDF(両面版)*お使いのプリンターをご確認ください。

★大阪上映イベントを「友人に教える」
以下のアドレスをメール/ブログ/SNSなどへ貼付けてご利用しください。

===============================
★映画「降りてゆく生き方」大阪上映&スペシャルイベント
(降りてゆく生き方 夏祭り in OSAKA)〜

http://www.nippon-p.org/mov-osk-829.html
===============================


★関連情報:

●8/28--「オルタナ」と「降りてゆく生き方」から考える「次世代型経営」(無料イベント)

●8/29--「生き方」発見!スーパーイベント(8/29映画鑑賞者限定イベント)

●夏の特別イベント>第1弾「みんなでつくる!映画イベント」in 大阪

 


2009年07月17日

映画「降りてゆく生き方」鑑賞者1万人突破!

2009年4月18日から、限定数によって順次テスト上映している
映画「降りてゆく生き方」ですが、みなさまのおかげで
鑑賞者数が、遂に1万人を突破いたしました!!

これは現在の日本映画界では驚異的な動員数となっております。
なぜなら、「シネコンを含め映画館で上映していない」という
だけでなく、上映回数も少なく、上映スタイルも独特、
それに加えて、主催者がほぼ全員上映未経験者なのです。

また、上映エリアが限られているにも関わらず、遠方から
飛行機に乗って駆けつける人、船に乗って駆けつける人も
珍しくありません。

先日の都内での数カ所の上映では、この映画を見る為だけに
北海道から飛行機に乗って駆けつける人もいれば、奈良、大阪、
名古屋などからも熱心に足を運んで頂いております。
さらに、1人で7回も鑑賞された方や、車イスや松葉杖など
お体の不自由な方もいらっしゃいます。先日は、目の不自由な方も
会場にお越しいただきました。

映画をご覧になった方々はお気づきだと思いますが、
映画上映中、客席は必ず笑い声や涙するひとで溢れています。

それを物語るのが上映後の拍手です。
全会場で必ず、上映終了後に拍手を頂きます。
私たちスタッフにとって、どんな言葉より嬉しい瞬間です。

なぜこの映画にそれほどの人が集まり賞賛されるか。
それは、「この映画を選んだ方々の意識の高さ」です。

混沌とした時代の中で、過去の仕組みや矛盾だらけの社会に
誰よりも敏感で、不安を察知し、ともすれば恐れさえ感じているはずです。
金融システムの崩壊、矛盾だらけの政治、毎日繰り返される事件に事故、
CO2を代表する環境やエネルギー問題、食への不安と不信感。

どれが本物だろうか?誰が本当の事を言っているのだろうか?

そんな疑問と悩みを誰よりも強く感じたからこそ、
世界中に溢れる沢山の映画の中から、この作品
「降りてゆく生き方」を選んで頂けたのだと確信しております。
(各会場で不定期に感想を含めたアンケートを記載して頂いております)

あなたの選択は間違っていません。
その証拠に、1万人の仲間がこの作品に感動し、新しい生き方を
見出そうと、武田鉄矢演じる主人公「川本五十六」のように
今度は、「自分なりの降りてゆく生き方」を探しはじめています。

1回では理解出来なかった方、観直したい方、どうぞ会場へ何度でも
足を運んでみてください。少ない上映回数ですが、昨今の映画と違い
全国あちこちで長い時間をかけてコツコツと上映していきます。

まだご覧になっていない皆様!
是非、ご鑑賞ください!
アナタが求めている答えが見つかるかもしれません。

地道な活動ですが、どんなに小さなことでも構いませんので、
映画「降りてゆく生き方」をより多くの方々に
ご覧頂けるよう、今後ともみなさまのご協力とご支援を
何卒宜しくお願い申し上げます。

最新の上映スケジュールはコチラ

 


鑑賞された方々の声(アンケートなどより一部紹介):

観終わってから始まる映画(30代女性)生涯忘れることのできない作品と巡り会えた(50代男性)思っていたより遥かに素晴らしい映画でしたボクの想像をこえてました。もっと固い作品かと思ったけど、凄く感動した(30代男性)新しい生き方を教えてもらいました(20代女性)自然の風景がとにかく美しく、それでいて笑いあり涙あり心に響く言葉がたくさんありました(40代男性)武田鉄矢さんの演技が面白くてたまらん(30代男性)ほんとうに大切なことがギッシリですね!美しい風景に癒されました!(40代女性)久々に心が洗われました(50代女性)いま、ココにいることに感謝できました(30代女性)
もっと多くの人に観て欲しいです。子供から大人まで楽しめる、こういう映画は最近少ないので。特に子供たちには是非見て欲しい学校などで上映できないのかしら(40代女性)苅谷さんみたいな男になりたい(20代男性)こぐまがカワイイー!カエルとか動物がいっぱいでてきてキュンとした。たんぼに入ってみたい(10代女性)夫婦でもっと話をしようと気づかされました(60代男性)お願いですからDVDにしてください(20代女性)心が安らいで暖かい気持ちになった(60代男性)おもしろくて笑えてじんときて子ぐまがかわいくて、触ってみたい!(50代女性)50代半ばをすぎ、日頃思案していることと重なりよかったです(50代女性)今回で7回目ですが、また泣きました(40代女性)
自分でもわからないのですが、何度も何度も涙が溢れてきて、観てる間中ボロ泣きでした。こんなに泣いた映画ははじめてだと思います。素敵な映画を作ってくれて、本当にありがとうございました(30代女性)

以上、不定期配布による会場アンケー(感想欄)&感想メールより一部抜粋

 


2009年07月10日

[特別企画]これからの「生き方」を学ぶワークショップ 〜「大自然」と「映画」が教えてくれる「ほんとうの生き方」〜

*この企画は、定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。

日頃より「降りてゆく生き方」を応援して頂き、誠にありがとうございます。
今回は大変ご要望の多かった、映画上映と連動した参加者と共に創造する画期的な「新体感型ワークショップ」を開催いたします。

豊かさと便利さを極めた日本社会。しかし行き着いた先は、未来への希望をもてず、不安に満ちた世の中でした。私たちは戦後数多くのものを失ってきましたが、ついに『生き方』まで見失ってしまったようです。そんな中、これからの時代の、新しい生き方を模索して一本の映画が誕生しました。
それが、「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢さん、監督:倉貫健二郎さん)なのです。

<はじめに>

●映画「降りてゆく生き方」が求められる秘密。

映画「降りてゆく生き方」は、伝説のオーディションや体の不自由な方も賛同した2000人の一般出演者、地域連動による画期的な独自上映スタイルをはじめ、日本映画関係者だけでなく企業、NPOなどの各種団体も唸るほどの強烈な事例を生み出し続け、現在は、20団体(個人含む)以上が、上映希望の順番待ちという状況となっています。
最近の実例では、たった1人の主婦の方が主催となり、全国から約400名以上の人々が会場へ足を運びました。また、本編上映の前に地域へご紹介するために行われている、ダイジェスト版などによるプレ上映では、平日から100名以上が説明会場へ足を運んでいただけています。本編をご覧になった方はもちろん、ダイジェスト版や取材映像をご覧になるだけでも、多くの感動とともに、「希望ある生き方」を見つけた、というご意見を多数頂いております。

ではこの映画が、斬新な手法によって作られたり、人を引き寄せ、魅了し、笑顔と感動を生み出し続けている正体はどこにあるのでしょうか?
それは、本作の脚本・製作を手掛けた、森田プロデューサーとスタッフが全国を駆け巡り200人以上の取材の中で「自然栽培」との運命的な出逢いにあります。

そうです!
映画「降りてゆく生き方」は、その全てのプロセスや方法論を
「自然界」から学び、「人間界」へ取り入れているのです。



●「木村さんの奇跡のりんご」「寺田本家」を発掘した
河名さん(ナチュラルハーモニー)との出会い


森田プロデューサーは、偶然、肥料も農薬も使わない「自然栽培」でつくられたカブを食べた際に、そのいのちに満ちあふれた美味しさに心から衝撃を受けたといいます。また、いまではすっかり有名になった「木村さんの奇跡のりんご」もいち早く食べて、その本物の美味しさに感動をしたそうです。そして、「自然栽培」の素晴らしさに惚れ込んでしまったのです。

この自然栽培の野菜や米をプロデュースし、広めているのが、「ナチュラルハーモニー」の河名秀郎さんです。

河名さんは、「木村さんの奇跡のりんご」を発掘して有名にした眼力の持ち主でもあります。
森田プロデューサーは、河名さんや自然栽培の農家さんにも多数取材を行い、そのときに感じたことや学んだ事をベースに、「降りてゆく生き方」のシナリオへ導入しました。

そして、森田プロデューサーは、河名さんを通じて、「発酵道」で有名な「寺田本家」の寺田啓佐さんとも出会うことになります。
酒や発酵から学んだという寺田さんの人生哲学に、森田プロデューサーは感銘を受けます。

森田プロデューサーは、

「ナチュラルハーモニーの自然栽培の野菜や、寺田本家の本物の酒は、単に美味しいだけではありません。そこから、『ほんとうの生き方』を感じ取ることができるのです」
「ナチュラルハーモニーの河名さんや寺田本家の寺田さんは、ご自身がまるで自然栽培の野菜や本物の酒のように、自然と調和した生き方を実現されています。河名さんや寺田さんの生き方に、これからの時代の新しいヒントが隠されている気がしたのです」

と語っています。

●武田鉄矢さんも自然栽培や天然酒のファンに!

映画「降りてゆく生き方」の主演は武田鉄矢さんです。
森田プロデューサーは、映画のシナリオをつくる際に、武田鉄矢さんや監督に、河名代表の「日と水と土」や寺田さんの「発酵道」などを読んでもらい、ディスカッションをして、ストーリーをつくりあげました。そして、武田鉄矢さんも、「降りてゆく生き方」を通じて、自然栽培や寺田本家のファンになってしまったそうです。

●「自然栽培」をヒントに、「生きる力」を引き出す映画づくり

森田プロデューサーは、奇跡のりんごの木村さんや自然栽培農家の哲学に影響を受け、「人間の力を引き出す映画づくりをしよう!」と決意し、映画づくりに新しい手法を数々取り入れました。
そのひとつが、「1700人のオーディション」の実施です。
森田プロデューサーや監督たちは、1700人全てのオーディション受験者と面談し、全員を合格にするという前代未聞の手法を実施したのです。

「1700人全員の演技を見るのは、とても大変なことでした。しかし、このオーディションを通じて、普通の人々のもつ「いのちの潜在力」に私たちは気づいたのです。その力を引き出すことは、映画に生命力を与えると直感しました」
「出演された皆さんは、とても生き生きとした演技をされています。普通の映画のエキストラとは全く違う存在感を放っています。自然栽培と同様、個の力を引き出す手法がよかったのだと思います」


●「映画」を使ったワークショップで「生き方」を実感し、学びとる

森田プロデューサーは、『降りてゆく生き方』の取材映像や予告編を使って、数多くのワークショップを行い、高い評価を得てきました。

そして、今回は初めて、「映画本編」を活用した初めてのワークショップを、ナチュラルハーモニーの河名さんとのコラボレーションで実施することとしました。

「私は、河名さんを通じて自然栽培や発酵の素晴らしさを知ることが出来ました。そして、河名さんや寺田さんの生き方に、これからの私たちの『生き方』のヒントがたくさん隠されていると確信したのです」
「『生き方』は単に知識として『頭』で『知る』だけでは不十分です。『からだ』で『感じる』ことが不可欠です。映画『降りてゆく生き方』を活用すれば、私たちが河名さんや寺田さんから感じ取ったものを体感していただけるのではないかと思うのです」
「河名さんと共同でワークショップを行うことで、映画のもつ『伝える力』は何倍にも増幅し、参加者の皆さんに新しい『生き方』をよりいっそう深く感じ取っていただけると確信しています」

●ダイアローグ(対話)によって、イメージを広げる
今回は、映画「降りてゆく生き方」を参加者の皆さんに見ていただき、それをもとに、これからの時代の「ほんとうの生き方」をテーマに、森田プロデューサーと河名代表とで、参加者の皆さんとのダイアローグ(対話)を織り交ぜながら、イメージを膨らませていきます。

「ダイアローグ(対話)には、イメージを広げる力があります。映画とダイアローグを組み合わせることで、イメージが一気に広がり、自分の中にストンと落ちてゆくことを、参加者の皆さんに体感していただけると思います」

●こんな方々には、特におススメです
自分を変えたいと考えている人、生き方に悩んでいる人、コミュニケーションで悩んでいる人、仕事で新しい方法論や視点を求めている人、人間関係のトラブルで悩んでいる人、気力(モチベーション)が上がらない人、夢がなかなか見つけられない人、新しい人間関係や刺激を求めている人、新しい生き方を模索している人、映画「降りてゆく生き方」をもっと深く体感したい人、上映希望の人、企業や団体などでの上映検討中の人、農業や自然栽培などに興味がある人、など。

当日は自然界のごとく、あなたが参加すれば、「場」が変化します。
「そのままのアナタ」のご参加をお待ちしております!



●参加人数限定の特別講座につき、お申込みはお早めに!

今回の企画は、対話やコラボレーションを重視するワークショップですので、参加人数は50名に限定させていただきます(申込み順です)。全国より申込みが殺到する可能性が高いので、参加ご希望の方は、お早めにお申込み下さい。

 


タイトル:
『これからの「生き方」を学ぶ新体感型ワークショップ』
〜「大自然」と「映画」が教えてくれる「ほんとうの生き方」〜


開催日時:
2009年8月8日(土)14:30〜18:00 (開場14:00)※途中休憩有

会場:ナチュラル&ハーモニック(プランツ内セミナースペース)
http://www.nh-plants.com/access/
〒224-0003横浜市都筑区中川中央1-25Northport Mall B2F
TEL : 045-914-7505
*大きい地図はコチラ

内容:
[第1部] 映画「降りてゆく生き方」上映(約1時間45分)
[第2部] 対話型ワークショップ(約1時間30分)

講師:
森田貴英(映画「降りてゆく生き方」脚本・製作、弁護士)
河名秀郎(ナチュラルハーモニー代表)
http://www.nh-plants.com/

参加費:5,000円

定員:募集定員に達しました

★追記:
定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。
想像をこえる沢山のご応募、誠にありがとうございました!

 


関連サイト:
Natural & Harmonic PLANT'S
http://www.nh-plants.com/

 


2009年07月07日

愛知県初上映のお知らせ(8月2日)

愛知県、および近郊にお住まいのみなさま!大変お待たせいたしました。
映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢、監督:倉貫健二郎)が、愛知
県(半田市)で行われるNPO法人地域福祉サポートちた設立10周年記念事業として開催されることとなりました

愛知県に位置する知多半島はNPO活動がとても活発で、「NPO法人地域福祉サポートちた」は、そのような多数のNPOをつなぐ役割を担うNPOとして日々活動しています。また、「NPO法人地域福祉サポートちた」は、団体の設立10周年を迎え、現在では、介護保険事業や障害者の地域生活支援事業などを行う福祉NPO法人など約50団体が参加しています。

映画「降りてゆく生き方」をご鑑賞された方々より特に多い感想やご意見に、『心が楽になった』『ありのままの自分でいいんだ!』『なぜだかボロ泣きして癒された』というご意見を頂いております。是非、この機会にみなさまも「心のケア」として愛知県で体感してみませんか。2回上映で、俳優舞台挨拶もあります!


NPO法人地域福祉サポートちた設立10周年記念事業
〜降りてゆく生き方」上映会&シンポジウム~


* 日 程:8月2日(日)
* 場 所:愛知県 半田市福祉文化会館
http://www.city.handa.lg.jp/contents/bunnkakaikann.html
【住所】〒475−0918 愛知県半田市雁宿町一丁目22番地の1
【電話】0569−23−7331

■上映スケジュール*2回上映
* 午前の部:10:00〜開演(9:30開場)
* 午後の部:13:00〜開演(12:30開場)
〜午後の部終了後、俳優/プロデューサーによる舞台挨拶予定〜

シンポジウム:15:20〜17:00
鼎談「幸福におりていくコミュニティーとは」
俳優・苅谷俊介さんなど参加予定


■上映協力金(チケット)
* 金額:1,500円(全席自由)
*チケットは、上映時間帯をご指定いただいてのご購入となります。
*チケットは、大人、小人、シルバー等全て同一料金とさせていただきます。
*体がご不自由な方などは、事前に以下の事務局へご一報ください。

★チケットとイベントについての問い合わせ先

愛フェス知多地域イベント事務局
特定非営利活動法人 ふわり
〒475ー0859 半田市天王町1丁目40−5
TEL:0569ー89ー6237  FAX:0569ー89ー6238
E-mail:meeting@fuwari.tv

NPO法人地域福祉サポートちた<公式サイト>
〒478ー0047 愛知県知多市緑町12ー1 知多市市民活動センター1階
TEL:0562ー33ー1631  FAX:0562ー33ー1743
E-mail:spchita@ams.odn.ne.jp

★イベントに関するチラシ(PDF)は以下よりダウンロード出来ます。
http://ifes.jpn.org/pdf/zutto_1_b.pdf



主催:愛フェス知多地域実行委員会
共催:愛知県半田市/
NPO法人地域福祉 サポートちた/ず〜っと私らしくmeetingちた実行委員



〜上映にあたっての主催者の想い〜
(以下よりお読みください)

続きを読む.......

2009年07月05日

佐倉市ムービーパーティー(千葉県追加上映)のお知らせ


映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢、監督:倉貫健二郎)の、
千葉県(佐倉市)でのムービーパーティー上映が決定いたしました!主催は、環境に特化したSNS運営を行っている、社会貢献型SNS虹天です。
当日は、佐倉市民花火大会です。花火を見上げながらの野外キャンドルナイトムービーパーティーなどを開催!是非、夏を体感するムービーパーティーへご参加ください!


★第一部映画『降りてゆく生き方』上映
上映日時:2009年8月1日(土)
開演時間:14:00〜(開場13:0)
参加費00円
チケットの値段は、大人、小人、シルバー等全て同一価格とさせていただきます。

会場:志津コミュニティセンター
http://www.city.sakura.lg.jp/shisetu_guide/shizucomsen/szcomspr.htm
(所在地:千葉県佐倉市井野794-1 電話:043-487-6781)
定員約350名。全席自由。椅子席と座布団席があります。
駐車場は60台のスペースとなっております。なるべく電車とモノレールでお越しください。ユーカリが丘駅『サティ』(地区センター駅そば)の駐車場に駐車して、会場まで歩くこともできます。



アクセス:

■交通機関
・モノレール ユーカリが丘線 公園駅より徒歩1分

●ご予約先
・立原三葉(みよ)090−73532574
miyo-tatsuhara@msi.biglobe.ne.jp
・フィンドレィ麻紀(まき)080−33680158
makifindlay@hotmail.com

定員:300名+座布団席50名
(満席の場合は当日入場不可能になりますのでご了承ください。)


★第二部映画の後は、野外キャンドルナイトムービーパーティ!
〜花火を観ながらスローな夜を〜

第二部では、みんなで持ち寄ったキャンドルに火を灯してスローな夜を過ごしましょう♪
19:40からは、関東最大級の2尺玉3発を含む約10,000発の花火が打ち上げられます。
ヘルシーなオーガニックフードの出店も予定されていますので、心身ともにリフレッシュしちゃいましょう☆(荒天の場合は、中止となります。但し、佐倉市民花火大会は翌日順延)

会場:有料桟敷席に負けないスペシャルスペースを印旛沼湖畔に確保!!
京成臼井駅より徒歩15分!花火がよく見える約500坪のスペースです!
朝から場所取りする必要がありません。

場所詳細は、当日参加者のみにお知らせいたします。

17:00〜入場可能
19:40〜花火打ち上げ開始
21:00終了

チケットは映画の半券になりますので大切にお持ちください。
また、素敵なエコイベントにするためにゴミを一切出さないなど、ご協力をおねがいいたします。
レジャーシート、キャンドル、キャンドルホルダー(グラスなど)、マイ水筒、マイカップ、マイ箸、皿、スプーン、懐中電灯などをご持参ください。

●主催社会貢献型SNS虹天事務局 橋本 淳
後援団体:全国地域エコフォーラム事務局、佐倉市、佐倉市教育委員会、佐倉市社会福祉協議会、NPO佐倉ラボ、らくらく温暖化対策千葉県実行委員会、NPO法人とんぼエコオフィス、虹の天使プロジェクト、日本熊森協会千葉県支部、NPO法人ニュースタート、寺田本家、ecoshopリトル・リーフ、佐倉市あしたのたねをまく会、生活クラブ生協下総ブロック、豆・玄米菜食「喫茶まめ」、菜食薬膳南インド料理「葉菜〜hana〜」、農家ダイニング「遊っ蔵」、チーム「宇宙の約束」、たか子さんの台所、やちまたおやこ劇場、ワーカーズ・コレクティブ「回転木馬」
●協賛団体協賛団体:佐倉あしたのたねをまく会、生活くらぶ生活共同組合下総ブロック、全国地域エコ推進フォーラム事務局



2009年07月02日

あおぞらCLUBムービーパーティー(新潟県追加上映)のお知らせ

映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢、監督:倉貫健二郎)の、新潟県(上越市)でのムービーパーティー上映が決定いたしました!

主催は、上越市にお住まいの方々が中心に本作品に共感し応援することを目的として結成された「あおぞらCLUB」です。上映会などは未経験の方々が、「いつかこの映画をわたしたちのまちで上映したい!」という想いから、コツコツと仲間をよびかけてきました。チケットやチラシも自分たちで考えました。何度も何度も話し合いをしてきました。全国の上映希望者のみなさまにも、是非、会場へ足を運んで「体感」して頂きたいと思います。

<あおぞらCLUBムービーパーティー>

■上映会
* 日 時:7月5日(日) 14:00〜(13:30開場)
* 場 所:上越市民プラザ(第1会議室)
http://www.plaza-joetsu.jp/access/index.htm
* 入場料:1,200円
* プログラム:
第一部 映画上映
第二部 森田プロデューサートークショー&語り合い

■パーティー
* 日時:同7月5日 18:00〜
* 場所:上越市民プラザ レストラン Relax貸切
* 会費:2,700円

★お申し込み・お問合せは下記アドレスにお願いいたします。
aozoraclub2009@yahoo.co.jp


〜主催者より皆様へ〜
あおぞらCLUB、上映に向けて盛り上がってます!

最高のおもてなしができるよう着々と準備を進めています。
ユニークな方、普通の方、色んな方集合の会になります。

どうぞ、上越へいらしてください。
映画と交流で盛り上がりましょう!

●あおぞらCLUB 公式ブログはコチラ
http://ameblo.jp/aozoraclub/