2009年10月18日

【上映】学園祭で上映決定!〜 in 早稲田大学〜


関東および近郊、そして、大学生のみなさま!大変お待たせしました。
遂に映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢、監督:倉貫健二郎)が
「早稲田大学の学園祭」での上映が決定いたしました!!

映画「降りてゆく生き方」は、多くの方々の想いにより、全国各地で上映を行っています。そんな主催者や上映のパッションに触発され、このたび、東京の早稲田大学の学生達が立ち上がり、学園祭(早稲田祭)で映画「降りてゆく生き方」の上映を実施することになりました。

学生達は「地域・食・農」をテーマとした講義から、実際に自らの手で米を作る「早稲田の米プロジェクト」という企画を開始しています。その過程で、根源的かつ普遍的な「生き方」という問いと向き合っています。そして、今年の早稲田祭において、映画「降りてゆく生き方」を上映することで、主催者/参加者がともに「生き方」について考える「場」を実施することになりました。

当日は映画上映に加え、学生達へ影響を与えたまちづくりの活動をされている、結城登美雄先生と森田プロデューサーとのトークセッションも予定しております。

是非、みなさんも若者達の心も動かした、
映画「降りてゆく生き方」を会場で体感してみてください。
*早稲田祭り特別企画:申込み先着250名は前売り価格500円です(対象:大学生のみ)。
*先着250名企画は定員に達しました。
*引き続き、学生/18歳以下の方は1000円で前売り券をご購入いただけます。


★東京での上映は限られた回数しか実施されませんので、
申込みが殺到する場合があります。
お席には限りがあります。お申し込みはお早めに!




映画「降りてゆく生き方」 in 早稲田祭

日程:11月8日(日)
時間:開演13:00〜(開場12:30)
★上映終了後、結城登美雄先生と森田プロデューサーとのトークセッションを実施予定。

場所:早稲田大学(早稲田キャンパス14号館201教室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html


(住所:東京都新宿区西早稲田1−6−1)
*googleMAPはコチラ

アクセス方法:
<電車>
JR山手線:高田馬場駅 徒歩20分/西武線:高田馬場駅 徒歩20分
地下鉄東京メトロ:
・東西線 早稲田駅 徒歩5分
・副都心線 西早稲田駅 徒歩17分
<バス>
新宿駅西口 - 早稲田/渋谷駅 - 早大正門/上野広小路 - 早稲田

入場券:
前売り:
・学生、または18歳以下:1000円

(→先着で250名の大学生は500円)
*250名企画は定員に達しました。
・一般:1500円

当日:一律1500円

★全席自由

■入場券お申し込み方法:
・「必須事項」を記載し、以下の宛先へ「Eメール」でお申し込みください。
・その後、折り返しご案内する指定口座へ総額をお振込みください。
携帯メールからのお申し込みも可能です。

★必須事項
・申込代表者名(フリガナ)
・年齢
・電話番号
・学生の方は学校名
・枚数
お申し込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)は
必ず同じ氏名にて行ってください。

■お申し込みメールアドレス
waseda118@nippon-p.org


★注意事項:
入場券のお支払いは、指定口座へ「11/6(金)」までに必ずご入金ください。
電子メールでお申し込み後、速やかに、ご連絡する指定口座へ代金総額を払込ください。
お申し込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)は同じ氏名にて行ってください。
メールでお申し込みされた方へは、今後映画「降りてゆく生き方」に関するメールマガジンなど一般社団法人降りてゆく生き方から電子メールによる告知・連絡等を今後貴殿宛に配信いたします。

■代金お支払い先:
お申し込みされたメールアドレス宛に、詳細情報をお送りいたします。

※入場券のお支払いは、返信でお伝えする指定口座へ「11/6(金)」までに
必ずご入金ください。

お支払い手数料はお客様ご負担となります。

■入場券受け渡し方法:
ご入金確認次第、当日会場受付でお渡しいたします。
*受付でお申し込みされた方の名前などをご確認させていただきます。
*学生証などをお持ちの方は、当日ご持参ください。

■主催&お問合せ先:
主催:早稲田の米プロジェクト
お問合せ先:
メール→waseda118@nippon-p.org
電話→090−8928−8375
*深夜の電話はお控えください。


〜主催者の想い〜
早稲田大学「大隈塾」の講義において地域や食・農というテーマを切り口にその哲学について講義をしてくださった結城登美雄先生のお話に感銘を受けた仲間たちを中心に「早稲田の米プロジェクト」を立ち上げました。
映画を通じて「生き方」について考え、互いに繋がっていけるような上映会にしたいと思います。また、食や地域などといったテーマに全く興味の無い学生にも、この上映会を通して考えるきっかけを与えることができればと思います。

漠然とした危機感を持った学生たちが自分たちにできることを考え、行動しようと
動き出しています。何ができるかまだ分かりませんが、共に考え、行動していきましょう!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nippon-p.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/221

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)