« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月24日

お知らせ★2/26「べてるの家」のメンバーがNHKに生出演します

全国で映画「降りてゆく生き方」をご支援していただいている皆様へお知らせです。

映画のタイトル&コンセプトを生み出した、北海道浦河町で活動する
「べてるの家」のメンバーがNHKに生出演します!

【番組タイトル】若者のこころの病−実は身近な“統合失調症”
番組ホームページ→http://www.nhk.or.jp/heart-net/wide/

【放送日時】
教育テレビ 2月26日(土)午後8時〜9時59分

*再放送:3月5日(土)午後2時〜3時59分(※九州ブロックでの放送はありません)

【出演】石田 衣良 さん/押切 もえ さん/町永 俊雄 アナウンサー/べてるの家のみなさん/青木 省三 さん(川崎医科大学教授) ほか

思春期・青年期は、こころの病が発症しやすい時期です。中でも、生活に大きな影響を及ぼす病が「統合失調症」です。
統合失調症は、100人に1人がなると言われるほど身近な病気ですが、正確な知識を持っている人は少ないのが現状です。そのため、発症に気づかず、適切な治療を受けるのが遅くなり、結果として回復が遅れることが、しばしば起きています。逆に、正確な知識を持っていれば、早期発見、適切な支援、よりよい回復につながる可能性があるのです。
2月のETVワイドは、症状、治療、回復、復学、就労、恋愛、子育てなど、これを見れば統合失調症の最新情報のすべてがわかる番組をお届けします。若い人たちやその親の世代の人たちすべてに、ぜひご覧いただきたい番組です。
<番組公式サイトより抜粋>

*関連情報:
「べてるの家」公式サイト
http://bethel-net.jp/

2011年02月16日

フォトレポート★「りんごの生き方」in 沖縄

全国から講演や農業指導の依頼が絶えない、木村秋則さん(奇跡のリンゴ)ですが、映画「降りてゆく生き方」へ多大な影響を与えて頂いたご縁と、わたしたち のこれまでの上映活動に共感していただき「一緒にやりましょう!」と、手を結び立ち上がったスペシャル企画『りんごの生き方』を沖縄県(宜野湾市)にて実施いたしました。
 


おかげさまで多くの方々にご参加頂き、
来場者数は2,500人を突破いたしました。


映画館で上映せずDVD化もされないのに全国から人が殺到する「降りてゆく生き方」。
世界で初めて肥料も農薬も一切使わない自然栽培でリンゴを作った「木村秋則さん」。

まさに、奇跡のコラボレーション企画「りんごの生き方」。
(午前の部・午後の部/1日2回実施)

沖縄県では「行列はできない」という噂でしたが、開演前より長蛇の列となるほどの「満員御礼」となった、当日の模様を多彩なゲストのご紹介をまじえながら、恒例のダイジェスト・フォトレポートでお伝えします。

続きを読む.......

2011年02月14日

特別特報★福岡県に初上陸!「りんごの生き方」〜木村秋則(奇跡のリンゴ)特別講演&武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」上映



福岡県&九州の皆様!そして.....
全国の「降りてゆく生き方」ファン&木村秋則さんファンのみなさまへ 朗報です!
映画と特別講演による豪華2本立ての企画を、福岡県にて実施いたします。

映画「降りてゆく生き方」のモデルでもある木村秋則さん(奇跡のリン ゴ)。
NHKプロフェッショナル〜仕事の流儀で特集され、先頃放送された、
松本人志&北野たけしによる「たけしとひとし 日本を面白くプロジェクト」へも出演し、
今後の活動を支援すると認定されるなど、幅広い活躍でいまや
全国的に 大注目の存在となっています。

そんな木村秋則さんが、福岡県で初の特別講演を行います。
いのちについて、生き方について、じっくり語っていただきます。


前回の沖縄企画では、2000人以上のご来場を頂き大反響となりました!
講演を体感した人は「まさかこれほど凄いとは思わなかった!
大きな画面に遠くからも木村さんの表情がよくみえて大満足。
農業だけでなく生き方に感化され、希望と元気をもらいました。」
「沖縄の人は並ばないのに、当日は開場前から大行列でビックリ!」
といった感想メールを多数頂いております。

今回は、映画上映&特別講演のセットを
午前の部/午後の部と1日に2回実施いたします。


もしかして、これが最初で最後の競演となるかもしれません!

ご家族、ご友人、お知り合い、もちろん、おひとりでも、
是非、学びと元気がでる本企画にご参加くださ い!
*人気企画のため、早期の売り切れになる可能性があります。お申込は お早めに!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



木村秋則(奇跡のリンゴ)特別講演
&武田鉄矢主演映画「降りてゆく生き方」上映
★『りんごの生き方』 in 福岡

http://www.nippon-p.org/ringo-fukuoka.html

■日程:2011年3月27日(日)
■会場:福岡サンパレス 大ホール

(福岡市博多区築港本町2番1号/電話 092-272-1123)
http://www.f-sunpalace.com/information/

■公演スケジュール:
<午前の部>
9:30 開場/10:15 開演
10:15 - 11:55 【第一部】木村秋則氏「特別講演」
12:10 - 14:30 【第二部】映画「降りてゆく生き方」上映、ゲスト舞台挨拶

<午後の部>
15:30 開場/16:15 開演
16:15 - 17:55 【第一部】木村秋則氏「特別講演」
18:10 - 20:30 【第二部】映画「降りてゆく生き方」上映、ゲスト舞台挨拶

予定は余儀なく変更される場合がございます。ご了承ください。

■入場券:
【一般】3,000円(前売)
/4,000円(当日)
【小中高生】2,000円(前売)/3,000円(当日)

全席自由席
未就学児は無料
体のご不自由な方もご来場頂けます(事前にご連絡ください)
小さなお子様連れでのご参加も可能です(託児所はございません)

■特別ゲスト:
★森田貴英さん(映画「降りてゆく生き方」総合プロデューサー・脚本)
★シークレットゲスト(俳優)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■お申込み方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「電子メール」、「電話」、「ファックス」のいずれかでお申込みいただくか、
九州全域の「入場券取扱各店舗」で直接ご購入いただけます。


★★ 「電子メール」、「電話」、「ファックス」での事前お申し込み方法

1)以下の必要事項を記載、確定のうえ、「お申込みメールアドレス」、
「お申込み電話番号」、あるいは「お申込みファックス番号」宛にお申込みください。


<必要事項>
・申込者のお名前(代表者の氏名、ふりがな)
・振込される方の氏名(振込名義)(上記申込者と異なる場合のみ)
・郵便番号/住所
・電話番号
・ファックス番号(ファックスでのお申込みの場合のみ)
・申込人数
午前の部:_枚(一般)、_枚(小中高生)
午後の部:_枚(一般)、_枚(小中高生)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お申込みメールアドレス
fukuoka327@nippon-p.org

*携帯メールも可能です

お申込み電話
080-5339-9900
090-9374-6594

*いずれかへご連絡ください

お申込みファックス
050-3488-5581


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2)お申込み後、下記指定口座へ代金総額をご入金ください
-------------------------------------------
銀行:三菱東京UFJ銀行
支店:田町支店
口座番号:普通 0088583
口座名義:シャ)オリテユクイキカタ

ゆうちょ銀行
記号:10100
番号:46420421
口座名義:一般社団法人 降りてゆく生き方
フリガナ シャ)オリテユクイキカタ
-------------------------------------------
払込手数料はご負担ください。
お申込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)が異なる場合は、
事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

3)入場券は、当日会場受付(「前売券・当日引換」受付)にてお渡しします。
振込の際に発生する「振込み控え」を当日会場にご持参いただき、
受付「前売券・当日引換」カウンターにてご提示ください。
「振込み控え」の確認をもって当日の会場で前売券をお渡しします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★「入場券取扱店舗」
以下の取り扱い店にて直接ごお買い求めできます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【福岡県】
●「ソラリアプラザ1F ちけっとぽーと」
福岡市中央区天神2-2-43/電話092-716-8022
●「天神福岡パルコ5F ちけっとぽーと」
福岡市中央区天神2-11-1/電話092-235-7223
●「サキナビューティーラウンジ福岡」
福岡市中央区天神4-6-7 クリスタルビル10F/電話092-714-2634(担当:井田、角田)
●「natural food shopナチュ村」
福岡市中央区天神1-7-11 天神イムズ6F/電話092-791-7365
●「自然食・雑穀季節料理 キャトルセゾン旬」
福岡市中央区天神1-7-11 天神イムズ13F/電話092-739-5308
●「ときめきショップ ありがた屋」
福岡市中央区渡辺通2-6-1 西鉄薬院駅ビル1F/電話092-717-1177
●「natural junk MANA BURGERS FUKUOKA」
福岡市中央区警固2-15-20/電話092-986-0759
●「餃子屋弐ノ弐 警固店」
福岡市中央区警固2-11-15-1F/電話092-716-4022
●「餃子屋 弐ノ弐 今泉店」
福岡市中央区今泉2-4-33-1F/電話092-739-5022
●「レストラン ピサンリ」
福岡市中央区春吉2-16-12/電話092-721-1713
●「餃子屋弐ノ弐 大名店」
福岡市中央区大名1-14-28-1F/電話 092-732-9122
●「自家製天然酵母パン ムーン・テーブル」
福岡市中央区平尾1-7-16/電話092-526-8500
●「新スペイン料理アルキミスタ」
福岡市中央区平尾2-2-25/電話092-523-7393
●「食料品 ナチュラルマート」
福岡市中央区薬院4-18-10-1F/電話092-534-6330
●「NPO環境未来センター希望」
福岡市中央区薬院4-3-7 大林フローラ薬院2F/電話092-522-8336
●「レストラン 風のふくおか」
福岡市中央区六本松2-1-12/電話092-714-0262
●「博多リバレインB2F 文化芸術情報館アートリエ」
福岡市博多区下川端町3-1/電話092-281-0081
●「Cafe bar蓮」
福岡市博多区浦田1-5-36/電話092-503-1199
●「食育推進ネットワーク福岡」
福岡市中央区薬院4-3-7 大林フローラ薬院2F/電話092-522-8336(担当:飯田)
●「福岡DEないと!!実行委員会」
福岡市中央区舞鶴1-4-1-202/電話092-731-3990
●「美容室 ティエラ」
福岡市南区平和1-1-1 インレット平和1F/電話092-525-1424
●「鍼灸院 ほんわか堂」
福岡市南区野間4-4-35-2F/電話092-551-4109
●「natural cafe vege garden」
福岡市南区高宮1-3-29-1F/電話092-524-7412
●「福岡山村塾」
福岡市南区大楠1-28-26/電話092-534-8722
●「井筒屋小倉店新館8F プレイガイド」
北九州市小倉北区船場町1-1/電話093-522-2682
●「井筒屋黒崎店2F プレイガイド」
北九州市八幡西区黒崎1-1-1/電話093-643-5219
●「自然食品店 えこわいず村」
北九州市八幡西区馬場山東2-1-6/電話093-617-2444
●「岩田屋久留米店新館1F プレイガイド」
久留米市天神町1-1/電話0942-39-7006
●「サキナビューティースペース久留米」
久留米市櫛原町14-1/電話0942-37-8549
●「レストラン ラーフ・ゴー・ラーフ」
久留米市日吉町10-3/電話0942-40-1811
●「産直や 蔵肆」
久留米市国分町296-1/電話0942-21-3130
●「直売所 伊都安蔵里」
糸島市川付882/電話092-322-2222
●「明治屋食料品」
直方市古町6-4/電話0949-22-3651
●「やさしい野菜農園」
遠賀郡岡垣町吉木東1-4-11/電話080-6410-4578(担当 澤)
●「サキナビューティースペース八女」
筑後市長浜2296-2-102 SBS八女/電話0942-53-8222
●「株式会社お茶村」
八女市室岡1069/電話0943-24-0010

【熊本県】
●「鶴屋東館B1F プレイガイド」
熊本市手取本町6-1/電話096-327-3684
●「カフェレストラン 芳文」
熊本市南高江5-7-76/電話096-311-3344
●「レストラン YOKOBACHI」
熊本市上通町11-40/電話096-351-4581
●「炭火焼肉 八虎」
熊本市上通町9-12/電話096-359-0029
●「BAR MIYAMOTO」
熊本市南坪井町2-17/電話096-354-6218
●「餃子屋弐ノ弐 上通本店」
熊本市南坪井町2-2/電話096-325-6122
●「ビアレストラン 壱之倉庫」
熊本市南坪井町2-8/電話096-325-391

【佐賀県】
●「ななやま野菜工房」
唐津市七山白木1138/電話0955-58-2521

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■協力者&賛同者の募集
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
告知に協力頂ける方/チラシ配布にご協力頂ける方/本企画に興味ありそうな方を
ご紹介いただける方/当日の会場お手伝い、など。
本企画ご協力いただけるかたは、お気軽にお問合せへご連絡ください。

★「りんごの生き方」in 福岡のチラシダウンロード(PDF)
http://www.nippon-p.org/images/fukuoka327.pdf

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■お問い合わせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
主催:「りんごの生き方」福岡実行委員会
電話:080-5339-9900/090-9374-6594
電子メール:contact-fukuoka@nippon-p.org
※ 早朝、深夜の電話によるご連絡はご遠慮ください。


※映画「降りてゆく生き方」に関するメールマガジンなど
(社)降りてゆく生き方から電子メールによる告知・連絡等を
今後貴殿宛に配信いたします。

会場周辺の詳しい地図は以下のGoogleMapをご覧ください。

 

続きを読む.......

2011年02月11日

速報★第一回「降りてゆく生き方塾」 in 札幌

北海道および全国の「降りてゆく生き方」ファンのみなさまに朗報です!

全国各地で独自の手法で上映展開している映画「降りてゆく生き方」では、現代において最も重要なテーマとなっている「自然」、「食」、「いのち」といった大切な要素がたくさん盛り込んでいます。

そして、この作品へ影響を与える、奇跡のリンゴで有名な木村秋則さん、発酵道で有名な寺田啓佐さん、映画に感銘を受けて本物の純米酒を作った今代司酒造の蔵主・山本吉太郎さんなど、多数の「本物を目指す」方々が、続々と引き寄せられ更に全国へ影響とつながりを広げています。

映画を観終わった後、私たちは具体的にどんなことを知り、
どんな道を歩んでいけばいいのでしょうか。


そこで、今回はより実践的に、より深く濃い内容での
特別プログラム企画を実施いたします。


多くのパネリストに加え、北海道で食の大切さを広げる為に展開している伊達弘恭さん(株式会社ネイチャーズ主宰)を中心に、「降りてゆく生き方」の製作・脚本で全国各地の「本物の実践者」を取材した総合プロデューサーの森田貴英さん、壮絶な人生の末に映画に登場する純米酒「森乃司」を生み出した今代司酒造の蔵主・山本吉太郎さんなど、多彩な参加者による企画となっています。

但し、内容をより充実させるために、定員60名のみの募集とさせていただきます。
是非、「降りてゆく生き方」を通して新しい世界を学んで頂きたいと考えています。
お早めにお申し込みください。

 


★第一回「降りてゆく生き方塾」 in 札幌
〜「生き方」は「食べ方」から!

 

日時:2月18日(金)開場17:30開演18:00〜21:00
場所:かでる2.7 1030会議室(10階)
(札幌市中央区北2条西7丁目/TEL.011-204-5100)

定 員:60名
(入場は先着順となります)

入場料:1,000円

===========
★お申し込み方法
以下のサイトのお問合せから直接お申込みください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.shizensaibai.jp/contact/index.php

===========

<プログラム>
1.特別対談

〜「生き方」は「食べ方」!
「いのち」をつくる「自然栽培」と「発酵」の世界への招待


登壇者
・森田貴英 (映画「降りてゆく生き方」総合プロデュース・脚本)
・山本吉太郎(今代司酒造・蔵主)
http://www.nippon-p.org/wm-kura-1.html
・伊達弘恭 (株式会社ネイチャーズ主宰)
http://www.shizensaibai.jp/

2.ダイアローグセッション
〜北海道を本当に元気にする食のあり方・いのちのあり方


コーディネーター:森田貴英
パネリスト:

・山本吉太郎/今代司酒造・蔵主
・伊達弘恭/(株)ネイチャーズ主宰
・木下弘美/NPO hannna代表
・土橋紘子/“くるくる”代表
・土上明子/フリーアナウンサー/野菜ソムリエ/食育インストラクター

会場周辺の詳しい地図は以下のGoogleMapをご覧ください。

続きを読む.......

2011年02月09日

<追記>速報★3/15 横田ご夫妻応援!チャリティ上映特別企画〜家族の絆・いのちの絆

全国「降りてゆく生き方」ご支援者のみなさまへ

2011年3月15日(火)に予定していた映画「降りてゆく生き方」〜横田ご夫妻応援!チャリティ特別企画『家族の絆・いのちの絆』を
中止することと決定いたしました。


今後の振り替え公演の予定、または公演の中止、及び既にご入金いただいた参加費の取り扱いに関しましては、現在調整中につき、改めてご案内差し上げます。

入場券をお買い求めいただき、既にお手元にお持ちの場合は、今後の振り替え公演もしくは公演の中止の際の払い戻しの際に必要となりますので、正式な案内があるまで、そのままお持ちいただけますようお願いいたします。

入場券をお買い求めいただいた皆様、公演を楽しみにされていた皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

今後とも、引き続き「降りてゆく生き方」の展開にご注目ください。

『家族の絆・いのちの絆』実行委員会一同