降りてゆく生き方 サイトマップ お問合せ
ダウンロード メルマガ

HOMEコンセプト映画情報上映情報サポーター活動報告WEBマガジンギャラリーあおぞらSNS最新ニュース
映画「降りてゆく生き方」:キャスト 上映スケジュール

映画「降りてゆく生き方」キャスト





























石田えり





武田鉄矢

武田鉄矢 (川本五十六:かわもと・いそろく)

プロフィール:公式サイト

1949年4月11日 福岡県福岡市生まれ 福岡教育大学、2008年晴れて卒業。

1972年: 海援隊のメンバー、中牟田俊男、千葉和臣と共に上京。エレックレコードよりアルバム「海援隊が行く」でデビュー。翌年、セカンドアルバム「望郷篇」を発売。 夢を追いかけることを許してくれた母への詫び状のつもりで作った「母に捧げるバラード」が大ヒット。
1974年: NHK紅白歌合戦に初出場。
1977年: 初の映画出演「幸せの黄色いハンカチ」により日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
1979年: TBSテレビ「3年B組金八先生」主演。主題歌「贈る言葉」は海援隊の代表曲になる。 その後も、映画、テレビドラマ、バラエティー、執筆活動、映画監督、海援隊としてのライブとソロライブと多岐に渡って活動。デビュー30年目の年、新たな挑戦として舞台演劇に出演。
2002年: 「母に捧げるバラード」初演、東京・名古屋・大阪・福岡での公演で、170公演で20万人を動員。同時期に海援隊トーク&ライブツアーを開始、訪れた日本中の町村は4年間で200カ所を越える。

デビュー35年目の2006年はNHK大河ドラマ「功名が辻」、TBSテレビ「白夜行」に出演、舞台公演「母に捧げるラストバラード」 を上演。

>>キャストメニューへ戻る



沢田雅美

沢田雅美 (森 春子:もり・はるこ)

プロフィール:公式サイト

1949年7月11日 神奈川県 出身
TBS「ただいま11人」でデビュー。その後、TV、舞台など多方面で活躍中。
○特技:日本舞踊(花柳流 師範 花柳 豊)、花道(いけばな京花傳 師範 瑞泉庵雅美)、
小唄(三升流 名取 三升八重美)、書道(松声会 名取 澤田三佑)

<主な作品>
舞台:(2001)
「夜の鶴」
「夢千代日記」
「おたふく物語」
「雪の華」
「夕焼けこやけで日は暮れぬ」
「女は一生懸命」
「旦那さま大事」
「眠り人形」
「花嫁」
「幸福」
「大家族」
「嫁しゅうとめ」
「家族」
「結婚」
「女のたたかい」
「雪まろげ」
「肝っ玉かあさん」


他多数。
TV:
「渡る世間は鬼ばかり」(TBS)
「結婚の条件」(TBS)
「花らんまん」(YTV)
「男と女のクラス会」(CX)
「結婚志願」(CX)
「岸辺のアルバム」(TBS)
「ああ家族」 (TBS)
「三人家族」(TBS)
「おやじ太鼓」(TBS)
「ありがとう」(TBS)
「肝っ玉かあさん」(TBS)
他多数。

>>キャストメニューへ戻る



渡辺裕之
渡辺裕之 (幹村研一:みきむら・けんいち)

プロフィール:公式サイト

1955年12月9日/茨城県水戸市 出身
○特技:ドラム(ジャズドラム)、英会話、乗馬、スキー、水泳、スキューバーダイビング、 パラグライダー、ゴルフ
○資格:自動二輪免許、普通自動車免許、パラグライダーP級免許、スキューバーダイビングライセンス、商業簿記3級、書道初段
○趣味:ヘリコプター操縦訓練、室内ラジコンヘリコプター

< 主な作品>
映画:
オン・ザ・ロード (1982年) - 主演
GO! (2001年、日活)
ゴジラ・モスラ・キングギドラ
大怪獣総攻撃(2001年、東宝)
魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE(2005年)
渋谷物語 (2005年)
THE WINDS OF GOD (2005年)
奇跡の海(2006年)
俺は君のためにこそ死に行く (2007年)
図鑑に載ってない虫 (2007年)
GROW「愚郎」 (2007年)
劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! (2007年)
他多数 。
TV:
特捜最前線 (テレビ朝日)
愛の嵐 (東海テレビ)
華の嵐 (東海テレビ)
夏の嵐 (東海テレビ)
さすらい刑事旅情編 (テレビ朝日)
遠山の金さん (テレビ朝日)
鬼平犯科帳 (フジテレビ)
ウルトラマンガイア (毎日放送)
徳川慶喜 (NHK大河ドラマ)
葵徳川三代 (NHK大河ドラマ)
利家とまつ (NHK大河ドラマ)
篤姫 (NHK大河ドラマ)
他多数 。


>>キャストメニューへ戻る



苅谷俊介

苅谷俊介 (二宮常一:にのみや・つねいち)

プロフィール:公式サイト

1946年11月26日 大分県 出身
○1970年助監督を経て、渡哲也主演映画『さらば掟』で映画俳優デビュー。
演技派俳優として活躍する傍ら、考古学の調査、研究、執筆活動に取組み、論文発表、全国各地での講演会、シンポジウム出演、古代史教室主催と意欲的に活動。
○日本考古学協会会員

< 主な作品>
映画:
さらば掟(1971年、松竹)
影狩り(1972年、石原プロ / 東宝)
影狩り ほえろ大砲(1972年、石原プロ / 東宝)
人間革命(1973年、シナノ企画 / 東宝)
ノストラダムスの大予言(1974年、東宝)
サンダカン八番娼館 望郷(1974年、東宝)
女必殺拳 危機一発(1974年、東映)
仁義の墓場(1975年、東映)
少林寺拳法(1975年、東映)
華麗なる追跡(1975年、東映)
けんか空手 極真無頼拳(1975年、東映)
必殺女拳士(1976年、東映)
続・人間革命(1976年、シナノ企画 / 東宝)
最も危険な遊戯(1978年、東映) - 石崎
ハイティーン・ブギ(1982年、東宝)
里見八犬伝(1983年、角川映画 / 東映)
北の螢(1984年、東宝)
カポネ大いに泣く(1985年、松竹)
最後の博徒(1985年、東映)
南へ走れ、海の道を!(1986年、松竹富士)
もっともあぶない刑事(1989年、東映)
きんぴら(1990年、東映)
河童(1994年、日本ヘラルド映画)
子供たちの傘(法務大臣賞受賞)
GO!(2001年、日活)
実録ヒットマン 北海の虎 望郷(2003年、東映)
フレンズ(2004年、ラスカル)
他多数。
TV:
太陽にほえろ!シリーズ(NTV / 東宝)
傷だらけの天使(NTV / 東宝)
Gメン'75(1975年、TBS / 東映)
大都会 シリーズ(NTV / 石原プロ)
西部警察(1979年 - 1982年、ANB / 石原プロ)
必殺仕事人III (1983年、ABC / 松竹)
大奥 (1984年、KTV / 東映)
暴れん坊将軍II (1984年、ANB / 東映)
刑事物語'85(1985年、NTV / ユニオン映画)
影の軍団IV (1985年、KTV / 東映)
連続テレビ小説(NHK)
・ あぐり(1997年)
・ 純情きらり(2006年)
・瞳(2008年6月)
大河ドラマ(NHK)
・葵徳川三代(2000年)
・利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年)
・功名が辻(2006年)
木曜時代劇(NHK)
・柳生十兵衛七番勝負シリーズ(2005年 - 2007年)
・鞍馬天狗(2008年)
土曜ドラマ / 刑事の現場(2008年3月、NHK)
他多数。

<エッセー>
エッセー・・・
「発掘散歩(連載)」、「考古学者への道(連載)」、「遺跡と私」、「魂の環る洞」、「甘崎城探訪記」、「縄文と私と自然」、「神庭荒神谷の謎」、「天動と地動」、「東海道鈴鹿峠を歩く」、「古代国家発祥の地を行く」、「四国古墳を歩く」、「明るい未来を創る考古学」、「邪馬台国の新視点」、「旅ということ」。他多数

<主な書籍>
「土と役者と考古学」著者:苅谷俊介
「苅谷俊介の考古学対談」著者:苅谷俊介
「まほろばの歌がきこえる―現れた邪馬台国の都」著者:苅谷俊介)


>>キャストメニューへ戻る




大谷允保

大谷允保 (石原舞子:いしはら・まいこ)

プロフィール:

1982年12月23日 三重県 出身
○身長:159cm ○血液型:B型 ○趣味:映画鑑賞、読書、格闘技観戦
○特技:関西弁、イラスト、赤味噌料理 ○スポーツ:水泳、バレーボール
○資格:野菜ソムリエ

< 主な作品>
映画:
「エコエコアザラク」
「走れ!イチロー」
「GUN CRAZY Episode3−叛逆者の狂詩曲」
「集団殺人クラブ Returns」
ニューヨークシティホラーフィルムフェスティバル
最終ノミネート作品「Chance Meeting」主演
「疾風 Basement Fight」
「日本の首領」
「ミナミの帝王 50作品スペシャル劇場版」
「WATERS」
他多数。
TV:
連ドラ「女将になります」(NHK)
TBS系水曜プレミア「夜王」
「ABC殺人事件」(NHK)
「京都地検の女3」(EX)
「ハマの静香は事件がお好き4」(CX)
「銀座高級クラブママ青山みゆき」(TX)
「怨み屋本舗」(TX)
「太閤記〜天下を獲った男・秀吉〜」(EX)
他多数。

>>キャストメニューへ戻る



権藤栄作

権藤栄作 (権藤栄作:ごんどう・えいさく)

プロフィール:

1949年12月11日  山口県 出身
映画「降りてゆく生き方」へ、同芸名「権藤栄作」で俳優としてデビューした注目新人俳優。
様々な業界から支持され、本作出演以降、オファーが相次ぎ、日本だけでなくスペイン映画、フランス映画にも出演が決定している。

>>キャストメニューへ戻る



野中ともよ

野中ともよ

特定非営利活動法人 ガイア・イニシアティブ

東京都出身。上智大学大学院文学研究科前期博士課程終了。米国ミズーリ・コロンビア大学大学院留学。1979年よりNHK「海外ウィークリー」「サンデースポーツスペシャル」等、92〜96年テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」のメインキャスターを務める。 99年5月には、国連本部にて行われたシンポジウム"World Press Freedom Day"に日本代表のジャーナリストとしてパネリスト参加。ジャーナリスト活動のほか、各種社会団体の委員、企業の社外取締役などの役員として活躍。元三洋電機代表取締役会長。

現在、特定非営利活動法人ガイア・イニシアティブ 代表理事。
その他、多数の審議会、委員会メンバーを務める。
主な著書として『ガンバレ、自分』『私たち「地球人」』などがある 。

<プロフィール>
1977年3月
上智大学文学部新聞学科卒業
同大学院文学研究科博士前期課程修了(留学・休学を経て'94年修了)
1977年7月
米国ミズーリ・コロンビア大学大学院留学(フォトジャーナリズム専攻)
帰国後フリージャーナリストとして活動。
マガジンハウス出版『クロワッサン』『エル・ジャポン』『ブルータス』等の写真や執筆を担当。
1979年
NHK『海外ウィークリー』『サンデースポーツスペシャル』等、番組キャスター。
  • ・ 1981年 英国ロイヤルウェディング現地メインキャスター
  • ・ 1986年 アジア大会現地メインキャスター
  • ・ 1988年 ソウルオリンピック(含 開・閉会式中継)現地メインキャスター 等
1987年4月
中京女子大学 客員教授(コミュニケーション論)≪現任≫
1992年4月
テレビ東京系列『ワールド・ビジネスサテライト』メインキャスター(〜’96)
1999年3月
NHK衛星第2放送『米国アカデミー賞授賞式』L.A.現地メインキャスター
1999年5月
国連本部にて行われたシンポジウム“World Press Freedom Day”に日本代表のジャーナリストとしてパネリスト参加
2001年4月
日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社 理事長(〜2005年3月)
2001年12月
経済界大賞「フラワー賞」受賞
2002年3月
アサヒビール株式会社 取締役 (〜2007年3月)
2002年6月
三洋電機株式会社 取締役 (〜2005年6月より代表取締役会長)
2004年6月
株式会社ニッポン放送 取締役(〜2005年3月)
2005年6月
三洋電機株式会社 代表取締役会長 (〜2007年3月)
2007年10月
NPOガイア・イニシアティブ 代表 ≪現任≫

主な審議会・委員会メンバー

2003年4月〜現在
内閣府 沖縄振興審議会 ≪現任≫
1995年1月〜2006年10月
財務省 財政制度審議会
1996年2月〜1996年9月
郵政省(現・総務省) 電気通信審議会
1996年3月〜2003年1月
文部科学省 海洋開発分科会委員
1998年4月〜2000年12月
運輸省(現・国土交通省) 観光政策審議会
1998年11月〜2000年12月
科学技術省(現・文部科学省) 顧問
2001年1月〜2007年1月
文部科学省 中央教育審議会
2001年1月〜2007年1月
法務省 法制審議会
2001年4月〜2002年3月
内閣府 総合科学技術会議重点分野推進戦略専門調査会 フロンティアプロジェクトメンバー
2002年8月〜2002年11月
経済産業省 総合科学技術会議 BT研究開発プロジェクトチーム
2003年9月〜2005年3月
内閣 構造改革特別区域推進本部

主な経営アドバイザー

2001年7月〜現在
三井不動産株式会社 ≪現任≫
2000年4月〜2004年2月
日興コーディアル証券株式会社
2001年7月〜2003年5月
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
2002年4月〜2005年3月
住友商事株式会社
2004年1月〜2005年5月
日本ユニシス株式会社

理事・顧問など

2000年12月〜現在
特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本 顧問 ≪現任≫
2002年4月〜現在
独立行政法人 産業技術総合研究所 運営諮問委員 ≪現任≫
2002年6月〜現在
特定非営利活動法人 金融知力普及協会 理事 ≪現任≫
2005年5月〜2007年3月
太陽光発電協会 代表
2006年6月〜2007年3月
日本経団連 理事
2006年6月〜2007年3月
Councilor of the World Business Council for Sustainable Development
>>キャストメニューへ戻る



石田えり

石田えり (三輪あゆ子:みわ・あゆこ)

プロフィール:公式サイト

映画「翼は心につけて」でデビュー。3年後、映画「遠雷」のヒロイン役で日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞を受賞。その後映画、TV、舞台などで活躍し、数々の賞に輝く。映画「釣りバカ日誌」シリーズでは毎作品、主人公の妻みち子を好演。

<主な作品>

映画:
「翼は心につけて」(監督:堀川弘道)
「遠雷」(監督:根岸吉太郎)主演
「あゝ野麦峠 新緑編」(監督:山本薩夫)
「えきすとら」(監督:朝間義隆)
「チンピラ」(監督:川島透)
「時計 Adieu I'Hiver」(監督:倉本聰)
「ちょうちん」(監督:梶間俊一)
「嵐が丘」(監督:吉田喜重)
*カンヌ映画祭コンペティション部門出品作
「釣りバカ日誌」シリーズ(監督:山田洋次)
「華の乱」(監督:深作欣二)
「フィメール・玉虫」(脚本・監督:塚本晋也)
「ルート225」(脚本・監督 中村義洋)
「サッド・ヴァケイション」(監督:青山真治)
*ヴェネチア映画祭オリゾンテ部門
 オープニング作品
「青空のルーレット」(監督:西谷真一)
『たみおのしあわせ』(監督:岩松了))
「ハブと鉄拳」(監督:中井侑友)など

これから公開される作品:
『クローンは故郷をめざす』(監督:中村莞爾)
*サンダンス映画祭
ワールドシネマコンペティション部門出品作

『ACACIA』(監督:辻仁成)

『渋谷』(監督:西谷真一)

他多数。
受賞歴:

1981年 日本アカデミー賞優秀主演女優賞
新人俳優賞、報知映画賞新人賞

1982年 第20回ゴールデン・アロー賞、演劇部門

1987年 毎日映画コンクール助演女優賞、
 ヨコハマ映画祭優秀助演女優賞

1988年 第39回芸術祭文部大臣 新人賞

1989年 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、
 報知映画賞助演女優賞

1991年 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、
サウスパシフィック・フィルム・フェスティバ
ル:ベストアクトレス賞

2008年 高崎映画祭最優秀主演女優賞

他多数。



>>キャストメニューへ戻る


作品紹介
作品概要
主題歌
ストーリー

キャスト

スタッフ

スチールギャラリー

映画「降りてゆく生き方」作品情報

作品名: 降りてゆく生き方
原 作: 完全オリジナル作品
解 禁: 2009年 春より順次
出 演: 武田鉄矢、沢田雅美、渡辺裕之、苅谷俊介、大谷允保、権藤栄作(新人)、野中ともよ、石田えり
監 督: 倉貫健二郎
撮 影: 赤川修也

ホーム 映画情報映画「降りてゆく生き方」キャスト
最新ニュース 上映スケジュール コンセプト 映画情報 サポーター 活動報告 WEBマガジン ギャラリー ダウンロード お問合せ サイトマップ

プライバシーポリシー 利用規約 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright © 降りてゆく生き方 All Rights Reserved.